スポンサードリンク

鳩山首相のオレオレ詐欺?

鳩山首相こと鳩山由紀夫さん、頑張ってはいるんですが、鳩山内閣の支持率は低下の一方。環境を考えれば仕方のないことで友愛さえあれば難問は全て解決するなどということはありえないわけで、辞任は時間の問題とも言われています。

しかし誰がやっても問題解決の魔法なんてありえないので、コロコロ首相が変わるくらいなら、精一杯頑張って少しでも結果を出して欲しいものです。論争や選挙をするだけ時間の無駄ですから。

子ども手当て、仕分け、普天間基地問題、資産、献金疑惑と話題には事欠かない鳩山さんにまたまたあらたな話題。ニセ鳩山によるTwitter騒ぎ。Twitterはツイッターと読みますが、インターネットを使った新しいサービスです。

誰でも手軽に始められ、しかも無料。つぶやきと呼ばれる発信をして、情報を提供。そこからやりとりを始めることもできるというもの。他人の独り言を読んで何が面白いのかと不思議に思う人もいるでしょうが、有名人のおっかけや、その道の専門家のマニアックな発言など、興味のつきないところでもあります。

鳩山さんがそのTwitterを始めると聞いて、初めて関心を持った方もいるかもしれません。夫人や秘書、兄弟についての話題が出るのじゃないか、それともマジメな政策の話だろうか。確かに私も興味があります。

同じように考えた人は他にもいるようです。Twitterって面白いかもしれない。鳩山さんって何を発信するんだろう。そう思った男が一人。

ここまではよくある話。ところがこの男が妄想したのは、自分が鳩山さんだったら何を発信するだろうかということ。

そして、やっちゃいました。鳩山首相になりすまして。つぶやきの発信。
フォロワーと呼ばれるいわばウォッチャーがまたたく間に1万人まで膨れ上がったそうです。その間、わずかに一日。

さすがにこの男もことの重大さに気づいたのか、ブログで謝罪をするとともに発信を停止したそうですが、インターネットと口コミのすごさを実証したような事件でした。下手な記者会見をしたり、それを世論調査したりするよりもリアルタイムで発信し、反応があるというのはすごいものです。しかし今回、なりすましが簡単にできるということも分かり深刻な事件が起きないことを祈るばかりです。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。