スポンサードリンク

ひきこもりの心理

Business Media 誠:ちきりんの“社会派”で行こう!:引きこもりに男性が多い理由 (1/3)

という記事を面白く読んだ。
ひきこもりたい人も、ひきこもりたくない人も
一度読んでみると良いだろう。

またスコットランドひきこもり日記というブログがあって
こちらも有名。

ひきこもりはひとつのライフスタイルとして
認知されつつあるが、

通常はひきこもりから脱出したいと思い、
脱出を支援したいと思うのではないだろうか。

ひとに迷惑をかけないのなら、ひきこもりが悪いとは思わないが
健康的な印象を受けないのは確かだ。

仕事をせずにひきこもっているのは、金銭的に裕福ならば良いが、
経済的にも精神的にもあまり良い状態とはいえないに違いない。

しかし就職はしたくない、仕事をするのはいやだ。
学校にもいきたくない。自分の趣味やゲームにのめり込んでいる
という状態では、社会生活とはいえまい。

ひきこもりのきっかけや状態は様々だ。
家族がいてそれを容認している場合もあるし、
一人暮らしでとにかく「ひとり」というのが徹底している場合もある。

なんとかしたいと思ってカウンセリングを受けたり
自助グループに参加している場合もあれば
どこが悪いのだと開き直っている「ひきこもり」もある。

ひきこもって内省したり、考えを深めたりして
最終的には芸術に昇華したり
それをバネにして成功を治める人もいるので

ひきこもり=悪ではないのは確かだ。



ひきこもり童貞がたった1ヶ月で成功した1人目の彼女を高確率で作るスタートダッシュ法〜改訂版〜


 
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
タグ:ひきこもり

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。