スポンサードリンク

あっちむいてホイ

脳というのは不思議なもので、
いろいろな話題を提供してくれる。
一方で脳溢血や脳卒中や脳腫瘍は、生活だけでなく精神活動にも
影響してくるので軽視はできない問題だ。

科学的なアプローチも盛んで
最近は人間ドックならぬ脳ドックというものもある。

年齢に応じて衰えたり、血管が詰まったり
弱くなったり、まったく脳はデリケートだ。

脳の機能が低下すればさまざまな支障が出てくるのは
言うまでもない。脳科学者はそういったことを研究
しているのだろうか。

しばらく前には木村拓哉が主演した
脳ドラマもあった。


よく言われる貧血にしても、脳貧血となると
酸素がいきわたらずに機能低下につながるらしい。
怪我などで脳挫傷を起こして、外科医の努力で
一命を取り留めるという話も珍しくはない。

詳しくは知らないが、海馬とか視床下部が
さまざまな重要な機能を担っているらしい。

このほど、じゃんけんゲームの
「あっちむいてホイ」のメカニズムがわかってきた
というニュースを読んだ。


指と反対向く「あっちむいてホイ」脳の働き解明 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

脳もほかの体の部位と同様に鍛えることが
できるらしく脳トレーニングの本やゲームも
たくさん売られている。

いろいろな検査方法も発達してきて
MRIなどを使えば実際に脳の働きを
目で見ることも可能だ。

画像で示されると説得力がある。
私の貧弱な脳みそではなかなか理解しがたいが
もっと脳を活性化してみたいと思っている。

そういえば男脳と女脳というのがあって
男女では脳のつくりや働きも異なるというのも
興味深い話だ。

疲れているなどといっていないで、
脳をもっと使って充実した生活を送りたいものだ。

自分のことはともかく
子供の脳をいかに育てるかは母親としては
気になるところだろう。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。