スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群で死ぬことはあるのだろうか?



睡眠時無呼吸症候群とは、「睡眠時」に「無呼吸」になる病気のことです。
そのままですね(笑)

呼吸が止まってしまうということは、そのまま死んでしまうのでしょうか?

結論からいうと睡眠時無呼吸症候群による呼吸停止、無呼吸が直接の原因で死んでしまうことはないようです。

そもそも睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時にまるっきり無呼吸になるというわけではありません。睡眠時無呼吸症候群と診断されるのは、10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある場合とされています。

一時的に呼吸が止まっても、呼吸が再開するのが普通ですのでその点では心配はありませんが、無呼吸状態が続いたり、繰り返したりすることで体に負担がかかり、生活習慣病となる危険性が指摘されています。十分な睡眠がとれないことから、日中に極度の眠気に襲われ、で仕事に支障をきたしてしまうこともあるようです。これが事故や労災につながり社会的にも問題となっています。

睡眠時無呼吸症候群の場合の多くは大きないびきを伴います。

そもそもいびきというのは、のどが狭くなった状態のところへ無理やり空気を通そうとすることから生じるものです。無呼吸から呼吸が復帰しているという意味では良いのですが、いびきをかくこと自体、健康な状態とはいえないわけです。

まったくの余談ですが「睡眠時の無呼吸」を扱った少女漫画があります。

内田善美の「星の時計のLiddle」(この漫画、かなりの名作との評価が高いです)。
この漫画の登場人物は、睡眠時の無呼吸の時に、非常にリアルな夢を見ていて、夢の中で少女に出会い不思議な体験をするという物語です。

 
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。