スポンサードリンク

育毛剤の分類と種類



育毛剤とは髪の毛を育てるための薬、つまり頭髪が生えてくるのを促す医薬品です。

育毛剤とひとくちにいっても、実際には多くの種類があります。
材料や使い方や効果によってもさまざまに分けることが可能です。

たとえば、液剤を直接頭皮に散布して頭皮をケアしながら髪を丈夫にするというもの、血行を促進することで抜け毛を予防するものなどがあります。

育毛剤を働き面から分類するとだいたい以下の5つに分けられます。

・男性ホルモンの働きを抑制することで抜け毛を防ぐもの

・頭皮の血行を促進させることで、髪をいたわり、発毛を促すもの

・毛母細胞を活性化することで、発毛を促進するもの

・傷んだ頭皮を改善するもの

・皮脂の分泌を抑制し、頭皮を清潔に保つことで頭皮と頭髪をケアするもの

育毛剤と呼ばれるものは、これらのうちの一つの機能を備えているか、またはいくつかの働きを組み合わせているのです。

また、育毛剤を商品の種類でみてみると、

・育毛剤(医薬品、医薬品部外品)、

・サプリメント、

・シャンプー

などがあります。

最近育毛剤のことがとっても気になっています。


 

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。