スポンサードリンク

狭い部屋にも使える カラーコーディネート術

以前に狭い部屋を広く見せるコツについて書きましたが、今回は、色使いの話をしましょう。

インテリアコーディネート、カラーコーディネートはセンスに関わるものなので、難しいという面もありますが、基本を抑えておくことで、効果を高めることができます。

色の印象は体感に大きく影響するという話を聞いたことはあるでしょうか?
インテリア コーディネートは、ルームカラーによって思わぬ差が出てくることもあります。

色相環という、色の一覧を表した図を見たことがあるかもしれません。

色相環の半分は赤や橙、黄などの「暖色系」です。一方、緑や青、紫は「寒色系」と呼ばれます。

もう少し言うと、ピンクや茶色も暖色系です。白や黒、グレーなどのモノトーンはどちらかというと寒色系に分類されています。

暖色系と寒色系、この二つの言葉(というか概念)を覚えておくと結構役立ちます。

二つの系統色の違いは、部屋のイメージを変えるというだけではなく、視覚に影響することで体感温度さえ左右したりもします。

オフィスや施設の色は、通常これを意識して配色されています。

ファストフード店の色づかいは、ほら、赤やオレンジといった暖色系ですよね。
暖色系の色は太陽の象徴です。つまり元気を与え、親しみがわき、食欲を高めさせる色なのです。

ためしに、寒色系でまとめられたマクドナルドを想像してみてください。

受ける印象は冷たい感じになるでしょ?食欲はなくなってしまいそうですよね。

とはいうものの寒色系の色は高級感があるので、暖色系を用いたお店よりも客単価を上げることはできるかもしれません。

ですから、高級感を演出することが必要なレストランや宝石店、貴金属店は、やや冷たい印象と同時に高級な雰囲気が漂っているのです。

狭い部屋でも、いえ、狭い部屋だからこそ。こういった色使いに気を配ることで、大きな違いが出てくるはずです。



 
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。