スポンサードリンク

関節痛の薬

関節痛の薬についての情報です。
関節痛は、とても辛い症状で、立ち歩くこともままならない時があります。そんな関節痛に効果のある薬には、どのような物があるのか?
とにかく痛くて苦痛なので、まずはその痛みを早く軽減することが大切。
そんな関節痛に効果のある薬としては、「消炎鎮痛薬」が一番です。消炎鎮痛薬は痛みの元となる物質をブロックして、痛みを感じなくさせます。主として非ステロイド系の消炎鎮痛薬が良く用いられています。即効性のある薬ですし、痛みの無い時には、飲む必要はありません。「消炎鎮痛薬」には、内服薬と外用薬がありますから、病院では両方処方されることも多いでしょう。
関節痛があまり痛くないような場合であれば、外用薬(貼り薬や塗り薬)だけでも、充分な効果があります。しかし、「消炎鎮痛薬」は、関節痛の痛みを和らげる効果はありますが、関節痛を起こす根本的な原因を治すものではありません。関節痛そのものを治したい場合に効果的な薬は、残念ながらまだ存在しません。
関節痛の薬として、内服薬として、コンドロイチン硫酸という成分を含んだものを処方される場合もあります。コンドロイチン硫酸という成分は、軟骨に多く含まれています。摂取することで、関節を動かしやすくなります。先ほども書きましたように関節痛を根本的に治す方法はないので、関節痛と上手に付き合っていかなければなりません。

上述のほかには、関節痛に効くという成分の入ったサプリメントなどを摂取することもお勧めできます。コンドロイチンの他にグルコサミン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどといった成分が有効だといわれています。
体操やマッサージなどと組み合わせて生活の中に取り入れいくことが重要です。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
タグ:関節痛の薬

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。