スポンサードリンク

関節痛に湿布は効果があるのか

痛くて我慢すら辛い関節痛。その関節痛が起こった時に、最もよく使用するのが湿布です。では、湿布で関節痛は実際に軽減されるのでしょうか?果たして湿布にはどのような効果があるのでしょう?

湿布には「温湿布」と「冷湿布」とがあります。どちらも痛みに効果があるといわれていますが、関節痛に対してはどちらが効果的なのでしょう。
一般に、激しい痛みには冷湿布、慢性的な痛みであれば温湿布がお勧めだといいます。激しい痛みに冷湿布がお勧めな理由は、その手の痛みは多くの場合、熱を持っているからです。とはいっても寒い時期の激しい痛みに冷湿布というのは辛いものがあります。

いわゆる温湿布と冷湿布以外にも、実はもう一つのタイプがあります。それは経皮吸収型鎮痛消炎剤というものです。病院でよく処方されるのは、このタイプの湿布です。経皮吸収型鎮痛消炎型の湿布には、冷と温の区別はありませんので、寒い時期は、このタイプの湿布が良いでしょう。
このタイプの湿布には冷と温の区別はないというものの、このタイプの湿布も貼った直後は、ヒヤッとした冷たい感触がします。いずれにしても湿布薬には、消炎効果のある薬剤が添付してある場合がほとんどです。消炎効果のある湿布は内服薬と違い、痛みのある部分に直接働きかけることが可能で、リスクも内服薬に比べると低いと言われています。

それほどひどくない、通常の痛みであれば効果は十分期待できます。しかし内服薬に比べると、痛みに対する効果は薄くなります。それ以外にも長時間使用することで肌がかぶれたりすることもありますので、湿布薬も医師や薬剤師に相談して正しく使うことが望ましいのです。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:関節痛の薬
次の記事:うつ病、どんな症状
過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。