スポンサードリンク

うつ病、どんな症状

「うつ病」と言った言葉を耳にする機会が増えてきたこの頃ですが、うつ病とはどんな症状の事を言うのでしょうか。映画やドラマなどを見ていてなんとなく知ったつもりになっている人も、一度おさらいしてみてください。

うつ病は、早期発見、早期治療をする事が重要です。
うつ病が深刻な状態に陥らない為にもここで説明するようなうつ症のシグナルを自分が感じたら、あるいは周囲の人に見うけられたら、早目に専門医の受診を検討してみて下さい。

うつ病の症状は、精神的な症状と身体的な症状とに分けられます。

精神的な症状としては以下のものがあります。
・ゆううつな気分
・興味や喜びの喪失
・おっくう感
・不安感
・死への思い

ゆううつな気分なんて誰でもなるじゃないかとお思いかもしれませんが、私たちが普段感じているような一過性のものではなく、2週間以上ゆううつな気分が続いている状態を、うつ病のゆううつな気分といいます。
興味や喜びの喪失とは、物事に対する興味や関心が無くなってしまい、喜びの感情も湧いてこないという状態のことです。おっくう感は、興味や喜びの喪失に似ていますが、何をやるにしても面倒と感じて、何も出来なくなってしまう状態のことになります。誰でも感じるような無力感や無気力感などが進んだ状態でしょうか。不安感とは、理由の無い漠然とした不安を、「常に」抱いているような状態です。死への思いとは、理由もなく、いわゆる自殺願望つまり死んでしまいたくなることがある状態をいいます。

身体的な症状としては、以下のものが挙げられます。
・食欲、睡眠障害
・体調の変化
等です。

食欲障害とは、一般には食欲の低下だと思われがちですが、反対に過食になったりすることもあります。、睡眠障害は、夜眠れなくなったりする状態のことです。
体調の変化とは、めまいや体のだるさ、肩コリなどの症状がなかなか取れないという状態です。これらの症状は広く見られるため、軽症のうつ病の場合には、たとえ本人でも自覚していないケースも多いようです。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。