スポンサードリンク

シェールガス革命

シェールガスは世界を救うのか、シェールガスは日本を救うのか。今私たちはエネルギー政策において大きな分岐点にいるのは間違いないでしょう。
日本は原発を続けるかやめるかと議論するのはいいのですが、いわば足踏みをしている間に、他のアジアの国々では韓国をはじめとして原発推進を進めているといいます。私としては原発をどう扱うべきなのかは、正直言って決めかねているのですが、電力、電気料金が経済成長に果たす役割は人件費とともに大きなものがあります。再生可能エネルギーを伸ばすという大方針は良いとして、具体的な話がもっと聞きたいですね。
また地震がおきやすいという事情があるとはいえ、少なくとも原子力発電の割合を国内では今後減らしていくという大きな流れ、方針の中で他国へは原発やその技術を輸出するのに熱心だという国内の産業界にも疑問を持ちます。

シェールガスについても、話題が先走りしている感はありますが、アメリカは手近に資源があることが分かっているからとはいうもののシェールガスの利用を促進するのだという方針が明確に伝わってきているように思います。国民性もあるのでしょうが、日本はどうも議論が中途半端。結論も、その発表もなかなか明確にならないのが、悲しいです。

シェールガス革命で世界は激変する 石油からガスへ (単行本・ムック) / 長谷川慶太郎/著 泉谷渉/著
価格: 1,575円
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>シェールガスへの産業シフトで米国は大復活。日本の重厚長大産業がシェールガス革命を牽引。再生可能エネルギーは「冬の時代」を迎える。中東やロシアなど資源国は急速に凋落する。自動車は日本の技術力が世界を席巻する。公共交通の主役は鉄道から航空機に変わる。経済、産業、社会、国際政治…創造と破壊をもたらす大変化の本当の読み方。<収録曲>第1章 シェールガス革命が世界を変える第2章 再生可能新エネルギーの光と影第3章 シェールガスの発見は二一世紀の産業革命第4章 シェールガス登場で自動車産業が大きく変
(更新日時:2013/02/16 21:02)
Supported by 楽天ウェブサービス

シェールガス争奪戦 非在来型天然ガスがエネルギー市場を変える (B&Tブックス) (単行本・ムック) / 伊原賢/著
価格: 1,680円
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容><収録曲>第1章 「ガス黄金時代」がやってくる第2章 米国発のシェールガス革命第3章 世界に広がるシェールガス開発第4章 シェールガス開発の環境問題と対策第5章 その他の非在来型天然ガス参考資料 シェールガスに関する日本の報道<商品詳細>商品番号:NEOBK-1025256メディア:本/雑誌発売日:2011/09JAN:9784526067570シェールガス争奪戦 非在来型天然ガスがエネルギー市場を変える (B&Tブックス) (単行本・ムック) / 伊原賢/著2011/09発売
(更新日時:2013/02/16 21:02)
Supported by 楽天ウェブサービス

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。