スポンサードリンク

太陽光発電を自宅に導入するメリットとデメリット

太陽光発電は、太陽光によって電気を作るシステムですが、太陽光発電を自宅に導入するメリットとデメリットのいくつかを確認したと思います。

太陽光発電導入のメリット:

・電気代を安くすることができる。
・余った電気を売ることができる。

自宅で作った電気を自宅で使用するため、トータルの電気代を安くすることができ、また、余った電気を電力会社に売ることができます。後者の分は収入となります。

太陽光発電のデメリット:

・導入費用が高額
・天気に左右されてしまう

太陽光発電を設置する際の費用は高額です。設置費用は1kWあたり55万円以下ではありますが、実際の家庭で使用することを考えると最低でも100万円はかかると言われています。

ローンを組んだとしても元を取るには大体15年〜20年くらいかかります。天気が悪いと発電できないか、発電できても晴れの日に比べると量が落ちてしまいます。季節や地域によっての発電量もかなり違います。

メリットばかりに目が行きがちですし、業者は良い点をしきりに説明しますが、デメリットもしっかり理解することが必要です。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
タグ:太陽光発電

 

過去ログ
RSSリーダーに登録

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

相互リンク

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。